お話をお聞かせください。相談余話

相談余話

第107話 「漢方店の保健室です。」

病いを抱えながら、病いを患う夫を介護するK子さん。お会いしてもう五年目になります。日々の生活を思うと、その努力に少しでも報いることが出来ればと、相談時間中は、K子さんの「保健室」として、いいお香と心地よい音楽と私の一言を添えて、K子さんのアジール(憩いの場)として、活用してもらっています。
良寛さんがこんなことを言っていますよ。
「君看ずや 双眼の色 語らざれば 憂いなきに似たり」です。今一番素敵なお顔をしているのは、K子さんですね。その調子、その調子です。  店主
 

第106話 「方丈記より」

今年も年末年始を利用して、旅に出ました。元旦早々の地震は、ブナの森の中の小さな宿にも来ました。
リュックに入れてきた一冊の本は、「方丈記」でした。その後の地震による災害は、絶望的なものでしたが、私には、鴨長明さんの美しい一文が浮かんでくるのです。
それは、
「ゆく河の流れは絶えずして、しかも元の水にあらず」と言っているのです。
生きる希望がそこにはあるように思えるのです。どうか、命を大切にしてくださいと言っているようです。  店主

第105話 「我以外皆我が師」

光陰矢のごとし。今年一年を思い返す季節になりました。多くの方の出会いがありましたが、一方当店の歴史と共に歩んで来られたお客様や古い友人が亡くなりました。共に寄り添い励まし合い歩んできましたが、もういません。でも私の心の中で、「我以外皆我が師」として生き続けると思います。
また、来年相談余話でお会いすることを楽しみにしております。一年間ありがとうございました。  店主
 

第104話 「蓮の愛」

笑う門には福来たるですね。いつも青梅に来ると寄ってくれるHさん。今回は、照れた様子で、「私、今月で独身を卒業することになりました。もうすぐ定年になるのに、年下の人と結婚ですよ。縁とは不思議なものですね。」人生の秋を迎えるときに、彼の心の中は夢と希望に満ちた春を迎えます。ますます元気によい人生になることを願っております。Hさん本当におめでとうございます。これこそ良寛さんと貞心尼の蓮の愛ですね。  店主
 

第103話 「目は口ほどにものを言う。」

病の重さによって言葉にもならず、ただうつむき、私の前に座るAさんへ「言葉は、口から耳へではなく、目から目に伝わり、心に届く」ものです。どうぞ、そのままでいいんですよ。私の方からお話をします。もし、共感することがあれば、うなずいてください。望診学の良いところかもしれませんね。
良寛さんもこのような言葉を残しております。
「君看ずや 双眼の色 語らざれば 憂いなきに似たり」ですね。  店主
 

第102話 「人生とは修業の場です。」

梅雨明け間近、いつもの笑顔でY君が見えました。ずいぶん年下の青年ですが、心の中では、尊敬する頼もしい友です。父母の病、弟の学費まで面倒を見る、一家を支える身であっても、いつも笑顔を絶やさないおおらかな彼には学ぶものがあります。
その彼が病に倒れ、心配をかけまいと回復を待って来てくれたのです。一人で不安や孤独、恐怖と闘いどれほど辛い思いをしたのかと思うと言葉にもなりませんが、いつもの笑顔で私に近況を伝えてくれました。
病は人を成長させるようです。病のこと、新しい仕事のこと、私からの一言は、「一歩でも前に出て、そこから考えよ。」です。
Y君いつも君のことは、忘れませんよ。頑張れ、頑張れです。  店主
 

第101話 「今日も無事であれ。」

6月も一日一日が過ぎ、今日も漢方相談を終え、一人言のように、「あぁ、今日も一日無事に終えることが出来、お客様も安心して帰路につかれたかな。」一杯のコーヒーを入れ、平穏無事に過ぎた事に感謝し、また元気にお会いになることを楽しみに、一杯のコーヒーをいただきます。
お茶の言葉ですが、「 余情残心 独座観念 」ですね。  店主

第100話 「ご縁こそ宝物です。」

西多摩新聞の掲載も1年になりますが、スタッフの方々に感謝を申し上げます。
当店の漢方相談の目的は、お客様を健康に導くだけではなく、さらに、幸せになっていただくことが私の使命と思っております。
また1年間お客様とのご縁を通じて、さらに、深いお付き合いを目指したいと思います。
さあ、今日もいい日になりますように…。 店主
 

第99話 「人と栖(すみか)とは。」

寄り添い励まし合ったお客様も、今年の桜をどんな思いで迎えられたか思いをいたす季節になりました。
私も、もし人生の締めくくりに過ごす家は、山里の桜の木の下に鴨長明さんのように小さな「方丈庵」を建て住みたいものです。
それでは、尊敬する大工のマコトさんにお願いすることにしますか。夢のまた夢の話しですが…。  店主
 

第98話 「我以外皆我が師です。」

お客様の中に、重い病と向き合い、自分の心と向き合い、一瞬、一瞬を大事に今を大切に生きている方がおります。
その方の笑顔にいつも学ぶことがあります。「病とは、人生で一番の心の勉強である。」と言っているようです。人生の師とは、この方のようですね。  店主
 

第97話 「今日も和顔愛語です。」

苦しみを乗り越えたお顔には、素晴らしい笑顔がやどるものですね。
相談を終えたお客様に、ぜひ上を向いて坂本九さんの歌のように涙がこぼれないように、そして青空を見上げてお帰りくださいと申します。私も笑顔で、お客様も笑顔になって帰っていただきます。
今日も無事であれと…願っております。  店主
 

第96話 「今年のテーマ、『健』と『康』について」

年明けから忙しい日々が続き、相談余話を書く頃には、店前の駐車場にある梅の木のつぼみが、大きく膨らみもうすぐ開花を迎えようとしています。今年のテーマ、『健』は、身体の有り様を示し『康』は、心の有り様を示しております。
『康』によって『健』は、支えられており、それも大きな心『康』によって、支えられております。
それを漢方相談の中でお話ししたいと思います。一人一人に寄り添い、安心できる相談であり、日々生かされていることの喜びを分かち合えることを楽しみにしております。  店主
 

第95話 「無事に来年も」

12月に入りお客様からお電話をいただきました。
相談余話の中で「老いることも病の一つならば、そこに病気が重なればどれほどつらいものか。」と書いたところ、「病に寄り添っていただき、とても救われました。」と感謝の言葉をいただきました。
来年も病に寄り添い、人に寄り添い、希望のはげましとなるように頑張りたいと思います。一年間ありがとうございました。  店主
 

第94話 「心の懐石」

一雨ごとに、冬の足音が聞こえるようになりました。
寒い中ご来店のお客様に、懐(ふところ)で温めた心の石を受け取っていただき、病で冷えきった心を温めてもらうことが、漢方相談の一つだと思います。今日も和顔愛語ではじまります。  店主

「いざここに我が身は老いんあしびきの国上(くにがみ)の山の松の下庵(いほ)」 良寛さん

第93話 「今日も和顔愛語です。」

今日も自転車で一番乗りで駆けつけてくれたAさん夫婦。ご主人が先に来て遅れること15分、奥様が杖をついてゆっくり歩いてご来店です。今日のテーマは、「無病息災はなく、一病息災をもって息災です。」誰もが願う無病ですが、ほとんどの方は、老いて病を抱えております。その病のために健康を願って努力されます。
その努力がプリベンション(予防)となり、さらなる病を防いでいると思います。もし病がなかったら、自分の健康に向き合わないのでは。もし老いて無病でいるとしたら、宝くじに当たったのかもしれませんね。さあ、今日も和顔愛語です。  店主
 

第92話 「茶の湯への思い。」

ある方が「利休さん茶の湯とは何ですか。」と聞いたそうです。利休曰く、「ただ湯を沸かし、お茶を入れて差し上げることです。そこには、相手の方へ思いのすべてが入った一杯のお茶でなければなりません。」と申したそうです。全人格をもって相手をすべて理解しろと言っているようです。一生終わりのない修業かもしれませんが、漢方相談は今日も始まります。  店主

第91話 18日は観音様の日です。

M子さんのお話をします。10年ほど前、ガンの進行により、すでに余命をお医者様に告げられた方です。その方が今でも18日にはお赤飯をもって当店に毎月来てくださいます。ガン摘出後に来店され、今までの生き方を変えていただき、ガンが消えていく生き方を指導しました。今月も元気に生きている幸せを共に分かち合う事を願って18日はお赤飯をいただくことにしております。
観音様からのおすそ分けですね。感謝です。  店主

第90話 照顧却下(しょうこきゃっか)

多くのお電話やご来店をいただき、感謝しております。ホームページ上の18名の体質分析は、漢方薬選定の一助であり、まずは健康を取り戻すことが目的です。さらに自分の性格を知り、体質を理解し、再度繰り返さないことを願って解説しております。
どうか、幸せな人生を送っていただきますようお祈りしております。  店主

第89話 どこにでも先生はいる

医食同源紙をきっかけに札幌からお電話をいただきました。お客様に感謝申し上げます。お顔で体質チェックは、私どもの18面(ホームページ参照)をもってわかりやすく体質を示したものですが、いまだ研究途上にあります。現在の方々の体質、特徴をもっとわかりやすくしたいと思います。日々進化させてまいりますので、またよい意見をお願いします。
「我以外皆我が師」です。よろしくお願いします。  店主
 

第88話 私の一人言

世間に合わせた生き方にもいつか限界が来ます。転ぶ前にもう一度自分の足下を見つめ直してはどうでしょうか。世間がどうであれ、ゆっくり、ゆっくりでも立ち止まってもいいんです。自分の歩き方を見つければ、転ぶこともないですし、それが一番幸せにつながることだと思います。人生は、細く長く、一歩、一歩ですかね。自分に言い聞かせております。  店主