おぼこあきちゃんの売店

あきちゃんの売店

第1話 おぼこのあきちゃん修行を終える

私は今、やまびこ18号に乗車しております。3年間の修行を終えて東京に向かっております。大沢温泉で過ごした日々が昨日のことのように思い出されます。

ある日突然、おしかばあさんから3年間よく頑張ったね、もう私の教えることはないよ。とっとと青梅に帰るんだね。そしてここで学んだことを社長の元で存分に発揮することだね。私の元で修行したことはどこへ行っても十分通用するから心配することはないよ。思う存分やることだね。私も楽しみにしているよ。それとあんたのお化粧道具一式は新しいのを用意しておいたので3年間のお給料と一緒に持って行きなさい。

私は、おしかばあさんのおかげで生まれ変わって新しい人生を歩むことにしました。お化粧はもうしません。誰かにあげてください。その代わり3年間のお給料はいただいていきます。それを元にやまと堂で通販事業を始める予定です。

さすが私の弟子だね。いつかは私と一緒にだめな旅館を買い取って立て直したいものだね。おぼこのあきちゃん。私が相撲を見に東京へ行ったときは出ておいで。楽しみにしているよ。

そうやって、おしかばあさんの元を旅立ちました。どうしても、私のような生まれながら小さく、弱く、それにアトピーに苦しんできた人生です。それが社長に弟子入りし、さらにおしかばあさんの元で修行したおかげで、身体は丈夫になり本当の新しい人生が始まったようです。この経験を生かして、私のように苦しんでいる方々に通販事業を通して本当に必要としたもの、役に立つもの、私が苦しんでいたときに心の支えとなったものなどを順次ご紹介していきます。楽しみにしていてください。